トイレ修理の手引書

トイレ修理にまつわる情報を掲載!

トイレタンクの水漏れ修理の方法

トイレタンクの水漏れ修理の方法 トイレは家の水周りの中でも使われる頻度も高く、必要不可欠な存在で壊れたら一大事です。原因によっては家中が水浸し、何ていう自体にもなりかねません。
そこでもしも時に慌てないようにしっかりと知識をつけておきましょう。トイレの水漏れ修理方法は自分で簡単に対応できるもの、業者に直してもらうしかないものの大きくわけて2種類あります。
ただし、間違った知識で自分で解決しようとすると、事態を悪化させる場合もありますので、しっかりと見極めることが大切です。
トイレの水漏れの故障の中でも特に多いのがタンクの水漏れです。主な原因は、タンク内のパーツが正しく機能していないケースが多く見られます。
トイレのタンク内にはたくさんのパーツがあるために何かの拍子に少し少しずれただけでパーツの破損などを起こす可能性もあります。
パーツのちょっとしたズレなら自分で直すことができます。連結部分のパッキン、浮き玉などの劣化の場合は修理が必要です。
部品はメーカー独自のものの場合は専門業者へお願いしましょう。ホームセンターなどで代用の利く部品の場合は自分で直すこともできます。
不安な場合は無理をせずに専門業者に問い合わせをした方が二次被害を起こさずに安くすみます。

トイレタンクの修理は自分でもできる?

トイレタンクの修理は自分でもできる? トイレタンクの中でちょろちょろとした水の音が気になりだしたら、トイレタンク内で水漏れが起きている可能性があります。
タンクの中をチェックしてみることで原因をチェックしましょう。基本的に経年劣化によりボールタップなどがうまく作動していないことが原因の可能性が高いため、業者に依頼して修理してもらうという選択肢もありますが、自分で部品を購入し、新しいボールタップに付け替えてみることで問題が解決することもあります。
修理のための道具も自宅内に常備している場合には、わざわざ購入しにいかなくて済むため、それほど費用的にかからないケースもあります。
重要なことは、ボールタップがしっかりと作動しているか確認して、原因が明らかに経年劣化の場合には、パーツを交換するという作業で修理が可能という点です。
原因が別にある場合には、その原因を探ることも必要ですが、状況によっては自分で対処することが難しいという場合には、無理をせず業者に依頼してみることも大切です。状況判断をしっかりと行い、スムーズな解決をはかりましょう。