トイレ修理の手引書

自力で修理するのは失敗?

自力で修理するのは失敗?

自力で修理するのは失敗? トイレのトラブルというのは、色々なものがあります。水漏れ、詰まりの他、ひび割れというのも起こり得るトラブルの1つですが、この場合には、自力で修理するという方法もあります。
自力でひび割れの修理を行う場合には、防水パテといった専用の道具を購入してきて対処することができます。しかし、こういった方法となると使い方を自分で調べて、対応していかなければなりません。これはそれなりに手間がかかりますし、うまくできるとは限りません。
ちなみに、破損状況というのは、トイレによってさまざまですが、軽いものもあれば重いものもあります。重いものの場合ですと自分で最初から最後まで行うのは、なかなか厳しいものです。ですから、無理をせず、専門の業者にお願いして対応してもらった方が良いものです。
専門業者であれば、知識・経験ともに豊富ですから、確実な作業をしてくれるものです。決して安くない費用がかかるものですが、それで安心して使っていけるのなら、惜しくない金額となることでしょう。

トイレの修理業者は資格を持っている?

トイレの修理業者は資格を持っている? トイレの修理を依頼する際は、水道屋さんに依頼するのが通常ですが、トイレに限らず、水漏れ修理には資格が必要なのです。

まず、一番大切なのは「水道局指定工事業者」に指定されていることです。水道局が指定した業者で無ければ、水周りの工事をすることはできません。水回りの工事は、地中に埋められた水道管の調整が必要になる場合がありますので、資格がなければ行うことができないのです。

技術を持たない業者が水道管を破損してしまった場合は、大変なことになる可能性もありますから、事故を防ぐためにも、業者の選定には注意が必要です。

ただし、気を付けなくてはならないのは、水道局指定工事業者であることを必要以上にアピールしてくる業者です。こちらに関しては、簡単なペーパーテストに合格すれば取得出来てしまうものなので、所持しているからと言って、あまり安心できるものではありません。また、企業として取得するものなので、実際の担当者の技術を証明できる訳ではないのです。

水漏れの場所がトイレであれば尚のこと、しっかりした業者を選定する必要がありますね。キッチンやお風呂の水道とは異なり、トイレが漏れたり壊れたりした場合は、汚物があふれ出して大惨事になる可能性もあります。

十分気を付けましょう。